債務整理と自己破産について

債務整理で自己破産手続きを行うと。破産手続き開始決定や免責許可の決定がなされると、官報(国の新聞のようなもの)に公告されます。

破産を申し立てると、申立人は財産管理処分権を失います。
自宅や自営業者の工場などがある場合には、売却の対象となり
破産財団として配当されることがあります。
“債務整理と自己破産について” の詳細は »

個人再生手続きと債務整理

債務整理の一種、個人再生手続きとは、この手続きができる対象は法律で定められています。

個人再生を利用する場合は、その対象者が法律で定められています。
要件に合わない場合には個人再生を利用することができません。

その利用できる要件についてまとめてみました。

○将来において継続的、反復的に収入を得る見込みがあること

○無担保の負債が5000万を超えないこと


“個人再生手続きと債務整理” の詳細は »

債務整理の手続きの一つ、自己破産の流れ

債務整理の一つ、自己破産手続きでは、同時廃止事件と管財事件という二つの手続きがあります。

●破産申し立て

申立人の住所を直轄する地方裁判所に申し立てを提出します。
裁判所の書記官からは書類の不備がないか、自己破産の要件は満たしているか、
免責が不許可になる理由はないかなどがチェックされます。
不備があれば訂正を命じられます。


“債務整理の手続きの一つ、自己破産の流れ” の詳細は »

債務整理と過払い金の存在

過払いの消滅時効が、“最初に返済した日”からでもなく、“過払いが発生した時点”からでもなく、『お金を借りた貸金業者との間で、返済が終了した時点』からカウントさせるという点です。

あなたは、過払金返還請求に時効があるのをご存知でしたか?
「何とか生活費を切り詰めながら払い終えましたが、もう5年も前のことですから、今さら請求なんてできないですよね?」
ほとんどの方が驚かれますが、過払い金の請求は、10年間までさかのぼって請求できるのです。しかも、最初に返済した日から数えて10年ではなく、一番後に返済した日から10年となります。


“債務整理と過払い金の存在” の詳細は »

債務整理と過剰貸付とのかかわり

改正法では貸金業者が契約を締結しようとする場合に、 借り手の返済能力を調査することとしています。

過剰貸付規制の強化 として以下の具体的な定めが
義務付けられました。

改正法では貸金業者が契約を締結しようとする場合に、
借り手の返済能力を調査することとしています。

借り手が個人の場合は、指定信用情報機関を利用して
借り手の借入残高等を調査する義務があるとしています。


“債務整理と過剰貸付とのかかわり” の詳細は »

債務整理全般でよくある質問5つ!

債務整理してどの程度借金が減るかは一概にいえません。 債権者との取引期間、金利、借入れ・返済の回数、取引金額などによって、どの程度借金が減るかは変わるからです。

Q1.借金がどのくらいあると債務整理した方がいいのでしょうか?

借金の額もそうですが、返済額と生活状況のバランスが目安になります。
“債務整理全般でよくある質問5つ!” の詳細は »

最新の記事 »