カテゴリー: 債務整理とはどのような手続か

個人再生手続きと債務整理

債務整理の一種、個人再生手続きとは、この手続きができる対象は法律で定められています。

個人再生を利用する場合は、その対象者が法律で定められています。
要件に合わない場合には個人再生を利用することができません。

その利用できる要件についてまとめてみました。

○将来において継続的、反復的に収入を得る見込みがあること

○無担保の負債が5000万を超えないこと


“個人再生手続きと債務整理” の詳細は »

債務整理の手続きの一つ、自己破産の流れ

債務整理の一つ、自己破産手続きでは、同時廃止事件と管財事件という二つの手続きがあります。

●破産申し立て

申立人の住所を直轄する地方裁判所に申し立てを提出します。
裁判所の書記官からは書類の不備がないか、自己破産の要件は満たしているか、
免責が不許可になる理由はないかなどがチェックされます。
不備があれば訂正を命じられます。


“債務整理の手続きの一つ、自己破産の流れ” の詳細は »

債務整理と過剰貸付とのかかわり

改正法では貸金業者が契約を締結しようとする場合に、 借り手の返済能力を調査することとしています。

過剰貸付規制の強化 として以下の具体的な定めが
義務付けられました。

改正法では貸金業者が契約を締結しようとする場合に、
借り手の返済能力を調査することとしています。

借り手が個人の場合は、指定信用情報機関を利用して
借り手の借入残高等を調査する義務があるとしています。


“債務整理と過剰貸付とのかかわり” の詳細は »

最新の記事 »