悪質の業者と債務整理

悪質な金融業者から身を守るには、そのような金融業者からお金を借りないのが一番です。
しかし不幸にも、もしお金を借りてしまった場合はどのような
対策をとるべきでしょうか。
まずは専門家に相談し、過払いや不当な取り立てをしないよう
文書をだしてもらうことです。専門家が文面を正式に
金融業者に送ると取り立ては止まります。
法律違反となるからです。
それから、ドアの鍵を厳重にする、防犯ブザーを使うなど、
すぐに警察に通報できるように安全を確保しましょう。
弁護士・司法書士事務所にまずは早めに相談してください。
このような悪質な取立てに対して、行政指導を求めたり、
警察に訴えたりするためには証拠も必要になります。
証拠を残せれば、違法な取立て行為を止めさせること、損害賠償請求が
認められる場合もあります。
電話などやりとりは録音しておくといいでしょう。
相場金額参考(依頼する事務所により異なる)
■専門家に依頼する場合
弁護士 実費+着手金20~50万円(+報酬額20~50万円)
司法書士 実費+着手金15~30万円 (1)着手金
2万円×金融業者数。最低5万円
■報酬体系が明確であるか
わからないことがあったら遠慮なく聞きましょう。
また嫌がらずに親身になってくれる専門家を選びましょう。
債務整理の費用が曖昧だったり、手続き中に思わぬ
別料金が発生することもありますのでそのあたりを
キチンと事前に説明してくれない専門家は避けておきましょう。
明確、カンタン、明瞭な料金体系でなくてはいけません。

悪質な金融業者から身を守るには、そのような金融業者からお金を借りないのが一番です。
しかし不幸にも、もしお金を借りてしまった場合はどのような対策をとるべきでしょうか。
まずは専門家に相談し、過払いや不当な取り立てをしないよう文書をだしてもらうことです。専門家が文面を正式に金融業者に送ると取り立ては止まります。法律違反となるからです。
それから、ドアの鍵を厳重にする、防犯ブザーを使うなど、すぐに警察に通報できるように安全を確保しましょう。
弁護士・司法書士事務所にまずは早めに相談してください。

このような悪質な取立てに対して、行政指導を求めたり、警察に訴えたりするためには証拠も必要になります。証拠を残せれば、違法な取立て行為を止めさせること、損害賠償請求が認められる場合もあります。
電話などやりとりは録音しておくといいでしょう。
相場金額参考(依頼する事務所により異なる)

■専門家に依頼する場合弁護士 実費+着手金20~50万円(+報酬額20~50万円)司法書士 実費+着手金15~30万円 (1)着手金2万円×金融業者数。最低5万円
■報酬体系が明確であるかわからないことがあったら遠慮なく聞きましょう。また嫌がらずに親身になってくれる専門家を選びましょう。債務整理の費用が曖昧だったり、手続き中に思わぬ別料金が発生することもありますのでそのあたりをキチンと事前に説明してくれない専門家は避けておきましょう。
明確、カンタン、明瞭な料金体系でなくてはいけません。

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む