債務整理の一つ、任意整理について

債務整理には、「自己破産」「民事再生」「特定調停」「任意整理」の4つがありますが、任意整理以外の3つの方法は、裁判所を通すこととなります。
“裁判所”という言葉自体に抵抗がある方のほうが多いですし、裁判所からの通知が自宅に届きますので、ご家族に借金のことを内緒にしている方にとっては、知られてしまう可能性も考えられます。
また、裁判所を通す方法ですと、手続きのための書類の準備・作成に時間がかかってしまうため、貸金業者からの取り立てや督促の電話などに頭を痛めている方にとっては、任意整理のほうが素早く対応できます。では、実際に任意整理にはどんなメリットがあるのでしょうか?


1. 貸金業者の取り立てがストップする
2. 支払総額を減らすことができる
3. 過払い金が戻ってくる可能性がある
4. 毎月の返済を一時ストップできる
5. 任意整理後の金利をカットできる
6. 保証人に迷惑をかけない
7. 家族に借金のことが知られにくい
8. 債務整理をしたことが周囲の人に知られない
9. 任意整理の理由は問われない
10.家や車などの財産を処分しなくていい
11.職を失うことがない
12.破産者名簿に記録されない
ただし、上記のメリットの中でも1~7に関しては、あくまでも弁護士や司法書士などに任意整理を依頼した場合です。ご自分で任意整理を行った場合には、すぐに取り立てがストップするわけでもなく、支払総額を減らすことも困難なケースが多いので、そのことは頭に入れておいてください。
任意整理の場合、裁判所を通さずにできますので、裁判所に出頭する時間と手間もかかりませんし、自宅宛に裁判所から通知が届くこともないため、ご家族に知られることもありません。また、法的記録が残りませんので、手続きをしたことが周囲にも知られずにすみます。
もしも、借入の際に連帯保証人が設定されているとしたら、任意整理の場合は整理する貸金業者を選択することもできますので、連帯保証人が設定されている業者への手続きを外すこともでき、保証人に迷惑をかけることもありません。
7~12については裁判所を通さないことのメリットとなりますが、理任意整なら借金を作った理由も一切問われませんし、自己破産とは違いますので、市区町村の破産者名簿にあなたの名前が記載されることもありません。

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む