アーカイブ: 2010年2月

債務整理と過払い金の存在

過払いの消滅時効が、“最初に返済した日”からでもなく、“過払いが発生した時点”からでもなく、『お金を借りた貸金業者との間で、返済が終了した時点』からカウントさせるという点です。

あなたは、過払金返還請求に時効があるのをご存知でしたか?
「何とか生活費を切り詰めながら払い終えましたが、もう5年も前のことですから、今さら請求なんてできないですよね?」
ほとんどの方が驚かれますが、過払い金の請求は、10年間までさかのぼって請求できるのです。しかも、最初に返済した日から数えて10年ではなく、一番後に返済した日から10年となります。


“債務整理と過払い金の存在” の詳細は »

債務整理と過剰貸付とのかかわり

改正法では貸金業者が契約を締結しようとする場合に、 借り手の返済能力を調査することとしています。

過剰貸付規制の強化 として以下の具体的な定めが
義務付けられました。

改正法では貸金業者が契約を締結しようとする場合に、
借り手の返済能力を調査することとしています。

借り手が個人の場合は、指定信用情報機関を利用して
借り手の借入残高等を調査する義務があるとしています。


“債務整理と過剰貸付とのかかわり” の詳細は »